パップテントを3年使い続けている僕が感じた5つのこと。


こんにちは!管理人のちぇるです。

僕はキャンプを始めて3年ほど経ちますが、最初に購入してからずっと使い続けているテントがあります。

それが「パップテント」です。

最初に購入するテントはめちゃくちゃ悩んだのですが、考え抜いて満足できるテントに出会えたので同じ様に迷っている方の参考になれば嬉しいです。

そもそもパップテントとは?


パップテントとは元々軍で採用されているテントで、幕の片側をポールや木で上げて使用するスタイルが特徴的です。

数年前までは軍の中古品しか出回っておらず、扱い難かったり手に入れ難かったのですが、ここ数年で様々なメーカーからパップテントスタイルのテントが販売され、かなり普及してきたと感じています。

感想① ワンポール並みの設営の簡単さ


パップテントの設営方法は簡単で、テントの周りでペグ打ってポールを2本立てるだけです。

ポールも2本しかないのでかなり簡単ですし、スピーディに設営することができます。(僕は設置に10分以上かけたことがありません)

感想② タープが必要ない


雨除けや日光避けのためにタープを使用している方は多いと思いますが、パップテントは幕の片側を立てかけるだけで広い空間を確保することができます。


パップテント1つだけで完結しているのはかなり扱いやすいです。


広い空間とワンポールテント並の設営の速さ・簡単さ。

これがパップテントの魅力ですね。

感想③ 渋い。


パップテントは元々軍用品ということもあって、メーカーから販売されているパップテントもオリーブやベージュといった渋い色合いが多くてとてもかっこいいです。

https://twitter.com/chell__life/status/1359999506771709953


写真映えしますね〜。うっとりです。

感想④ 雨の日の使いにくさ


パップテントはコットン100%であることが多いです。


コットン製のテントは雨を受けると生地が水分を含み、撥水性を持つ特性があるので雨の中でも使用することができます。

しかし、乾燥にかなり時間が掛かる上に元々重いコットンテントが水を含んでさらに重くなり、腰が砕けます。

↑一応雨でも雪でも風でも一晩過ごすことができました!(おすすめはしません笑)

感想⑤ 重い。


先ほども言ったようにパップテントはコットン製が多いため、かなり重たいです。


僕が使っている物もソロ用なのに5kgくらいあり、雨水を吸うとさらに重くなって持ち上げにくくなります。

こう言ったことからパップテントに限らずコットン製のテントはオートキャンプが前提になってくると思います。

おまけ 管理人の相棒紹介


最後に管理人の相棒を紹介します。

テンマクデザインの「炎幕」です。


現在、炎幕シリーズはEVOや大炎幕など様々なバリエーションで展開されていますが、これはシリーズで一番初めに販売された初代炎幕ですね。(最近廃盤になったぽいです…悲しい…)

ダブルジップも搭載されていないしちょっと癖があるテントですが、シンプルなデザインが凄く気に入っていて何年も使っています。

僕が購入した時はこれとガチ軍用品しか出回っていなかったのですが、今はテンマクデザインやバンドックから様々なバリエーションで販売されていますね。


いい時代になったな〜。

設営簡単だし何よりかっこいいパップテント。
癖もありますがどんどん愛着が湧いてきます。

是非検討してみてください。


ではでは!

最新情報をチェックしよう!